読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神様、仏様。

自分とのお喋りが止まらない。人生の観想メイン。その他人生を豊かにしてくれている読書お茶映画音楽ゲーム。

話してみようか。

 
 
私のコンプレックスについて。



かなりディープなとこいくけど。







まずなぜ書く気になったかっていうと、

昨日私のコンプレックスを必要に聞き出そうとする人がいた。

身内だけどそこまで聞いて何になるのかと思った。

何か心配しているわけでもなく、

なぜか面白いと思っている、

面白いことになる、みたいな態度で。

少なくとも私はそんな風に捉えて。

「君は本当はどんな形でもないものになりたいんでしょう」

「オリジナリティーがないんだよ言葉すべてに」

「環境を変えてもあまり中身変わらないけど、感情とか意志が固まれば変わるよ」
..........そんなこと。
ある程度わかっているのである。

別に働きたくて働いてるんじゃないし、

できることなら芝居がやりたいし、本を読んで映画を見て、

エゴでいいからレビューとかして生きていきたいんだって。
 
好きなものを両手いっぱい握りしめて生きたいんだって。
 


、、、、、尊敬できるとこがたくさんあったはずなのに。

嫉妬かも知れない。正社員になるって私が私のタイミングで勝手に決めたのに。

仕事先も自分で選んだのに。

でもそれでも言い方が、ダメだった。受け入れられなかった。

コンプレックスや自分の一番弱いところを話す気に、なれなかった。

説教じみたこと食らうのかと思った。参考にならないやつ。

自己欺瞞だらけの正義じみたものを投げつけられるかと思った。

どんなに愛があったって、

しんどいものはしんどいし、別問題だ。
 
ましてやこういうのって少なからず誰でも抱えてる。
 
わからないはず、ないのに。ずけずけと。
 
 

傷つけるだけ傷つけて、傷口は自分で直せということか。

自分を優位に見せる為に?


 
どうして。


私のことをもっと理解している人だと思っていた。

それも含めショックだった。





まあいいきっかけに結局はなっているというか。

向き合ってみるか、と思ったのはこんなことが無ければしなかっただろうね。





いくら仲良くったって、

秘密にしたいこと、まだ言えないこと、

私は人生における汚点が多いので、

もう墓場まで持っていくようなことがままある。







「どーせ何言ったって誰もわかりゃしないよ。」

「みんな自分のことしか考えてないよ」

っていうスタンスの私は、(比較的自分がまわりまわってそうだから)

悩んだとき、それからしんどい時は

全部自分で抱え込んで、自己解決。

つきつめて考える。

何日かかかるけど、自分の為には大いになると思ってる。

人に相談することなんてまあ、ない。
 




だからまあこれは飛び火ではあるけれど、

女子たちの「私さあ~」から始まる悩みだか自慢だか

ただ聞いてほしいけどそうならないための相談ごとチックなそれは愚門だなとは思
う。

だけど内容は時には可愛らしく、

時にはあざとさ垣間見れるので好き。

こちらに相談のアンサーを求めなければね。

どうせ聞かないだろうし。

なんか言っても結局決めるのは自分だし。

私が誰かに相談して一押ししてもらった経験とか特にないから余計にそう思ってしま
う。

聞いてもらえれば彼女たちは満足なのだ。

でもそんな無駄話が楽しい時ももちろんあるわけで。





、、、、、、頑張って書こうと思ったのに、

匿名だから知り合いが見ることもまあないから、

比較的書き易いだろうと思っているのに

話題から逸れるってことでもう相当嫌なのだろうね。

そりゃ嫌だけど。





んじゃ気を取り直して書いてみよう。

書くことで客観的に見られるように少しでもなればいいかね。

きっと愚かだろうね。まあいいか。最初から私なんて大したことない。





・親と不仲。

一番しんどいのこれ。不仲になるつもりなんて全くなかった。

唯一無二で無条件で家族って仲良く一生過ごせるものだと思ってた

たくさん喧嘩したのに何ひとつ覚えていないのである。

本当に。なんでだろね。

病気かなとか思ったこともある。多分何かの病気だったんだろう。

抱えきれないものがすべて親に向かってしまって。

親も人だもんね。耐えられずに。お互い傷を付けまくった。

どうしたら元に戻れるのかって思うだけで、考えるだけで、ちょっとしんどい。

アプローチに失敗ももう何度していることか。

昔は発表会や何かする度に才能があるとか好きな事やんなさいね。

期待してるよ、って感じだったのに、

今は。舞台も見に来ないし褒められることもない。

正直ママの前で大泣きしたいくらい。

何か言ってよ!って叫びたくなるくらい。

根底、母親を筆頭に、人に嫌われるのって傷つく。

好きでいて欲しいと強く思う。

親が現在も継続して愛情をくれているのかもしれないけれど、

それは私にはわからない。

いつも悲しい顔をさせてしまって申し訳ないと思う。

仲良くなりたい。





*関連で。

→多分これ関連で言えば私は人に愛されたい欲が強い。

あと人に必要とされたいのも強い。だから嫌われたくないんだよね。

自分の感情とか冷静さよりも人に嫌われることの方が怖いと感じる

特に好きな人からのそれは傷の付き方が半端じゃない。

出血多量で死に至りそうになる。くらい。

結局のところ自分が、私が
 
悪い。













・プライドが高い。

→実際人に甘えてばかりなのに人に改めて甘えるのは苦手。

なんでだろうね。ダメなんだよね。

なのに人に頼りまくってる(身内)

甘えてもまあ結局は自分でやってるのだけれどね。

しんどくても泣くときは基本声は出さない。

 目が腫れてタオルやまくらや布団がいくら濡れても、

 声は出さない。じっと、ただ静かに感情を抑えることに集中する。





でも一人だけ100%信頼できる頼れる人がいる。

私よりもずっと歳を重ねているからこそ。

もはや彼女は私の母親の理想くらいな感じでさ。

唯一、信用できる人。本当数少ない。有難い。













こんなこと朝からずっと考えてるや。

落ち着いてきた。





音楽でも聞こうこんな日には。



ELLEGARDENとかにしようかな。





読んで下さった皆様、

長々と、また、読みづらくごめんなさい。





またひっそりと更新します。