読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神様、仏様。

自分とのお喋りが止まらない。人生の観想メイン。その他人生を豊かにしてくれている読書お茶映画音楽ゲーム。

内面

読書 自己を見つめること 音楽

 
お久しぶりです。
書いてはタイムアップになるのを何度も何度も繰り返し、
完成したら更新しよう~
なんてどんどん下書きへ保存しているうちに
だいぶ前回の更新から開いてしまいました。
 
 
昨日ね、平山夢明さんの
独白するユニバーサル横メルカトル という本を買いました。
たしか小学生の頃に本もしくはテレビで見ていた気がします。
見たのか、読んだのか、定かではないですが、
確かにこの人の名前を覚えていたし、多分記憶に残る何かがあったんだろうな。
今は思い出せないけれど。
 
具体的に何の本読んだんだっけ、、、?
って調べたのにタイトル見てもわかりませんでした。
 
 
怖い話って高校生くらいまでは好きだったのですが、最近は興味なくって。
でもね、今回のこの本はなぜか本屋さんで見たときに
懐かしい!!と同時に、
私の本能的スイッチが押されました。
「あーなんかある」って思いました。
1回目本屋で見たときは近くに友達がいて、
買えなかったんだけれども、
昨日は一人だったし今からバスに乗る状況だったので、買いました。
 
読んで案の定、没頭、没頭。
昔読んでいた平山さんの本がどのようなお話だったのか、
まったく思い出せてはいないけれど。
1話目読み終わったときに、吐きそうになった(割と本気で)
グロかったわけでないし、幽霊的な怖い話でもないです。
後味の悪さがやけに残る感じ。
何て例えたらいいんだろう。
正義と気持ち悪さと吐き気って感じです。
(うまく伝えられない)
 
3.4年前から文章が頭の中で絵になるという技?
(場合によっては好都合だけどあんまりいいことばかりではない)を身に着けているので
映像と共に空気感とか温度とか、そんなものを感じていました。怖い。
 
なにか新しい感覚がつかめそうな感じがしているので、
このまま読み進めます。
心臓がふわふわしていてジェットコースターみたいな感覚に陥ってる。
 
 
また感想載せられるといいなあ。
 
 
 
 
下書きがたくさんたくさんあるので時間作ってたくさん更新したい。
誰に話せるわけでもないのでアウトプットしておきたい。
 
 
皆様今後ともお付き合いください。
(誰も見ていないね!そうだね!(笑))
 
 
 
 
 
最後に最近の撮影写真。
この時していた絶妙なネイビーのネイルが好き。
夏でもグレーとか黒とかが、好き。