読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神様、仏様。

自分とのお喋りが止まらない。人生の観想メイン。その他人生を豊かにしてくれている読書お茶映画音楽ゲーム。

祈り。願い。

自己を見つめること 戯言 エッセイ 作品 映画

おはようございます。
 
良きお天気ですね**
 
ひそひそ星、昨日、見終えました**
私の語彙が足りないせいもあってか、
感想入ってしまえばチープになりそうです。
でも忘れちゃいけないものが、
たくさん、たくさん、詰まっています。
気になった方は、ぜひ借りてみてください。
 
 
今日も今日とて、お仕事な訳ですが、
今朝の電車では、以前していた
イベントのバイトのことを思い出しました。
 
イベントのバイトのコンパニオンの年齢は
大体20代中盤~30後半までが多めな印象。
私も何度かコンパニオンと同じ服を着てMCやったりなんだりしましたが、
うんと年齢が上だったなあという印象。
 
そして、この人たちは何歳までこの仕事をするのだろうと、
老けてしまったら、どうやって生活するのだろうと。
思いながら一緒に仕事していました。
 
今後がよぎってしまったために
あんまり良いイメージは持てなかったかなあ私は。
まあ、ちやほやされます。色んな人にカメラ向けられます。
ああ。私も断りきれなくて何度かOKしてしまったことがありました。
うーん。不覚(笑)でも良い経験です。
でも今はやろうとは思わないかなあ。
表現の勉強になることならなんでもやろうと思っていたけれど、
これはほんの少ししか身にならなかった印象。
 
 
もういっこ、年上男性とのドライブデート時の話が頭をよぎった。
 
名前ももうわからない。年齢はたしか高校生か卒業すぐか。
ネットなのか仕事で出会ったのか、本当、覚えていない人の事。
 
 
この話は、また今度。